FC2ブログ

民主文学えひめの会

日本民主主義文学会愛媛支部のサイトです

第82回全県例会案内

第82回全県例会案内

〇11月24日(日) 午後1時30分 松山市民会館2階洋室2
〇内容
・会誌第31号の発行と普及について
・第45回四国文学研究集会のまとめ
・民主文学誌10月号の合評「手かさぎの感触」東喜啓
・その他

地域例会案内

第71回今治地域例会
●9月11日(水) 午後1時30分 
●山本五郎会員宅
●会誌第30号の合評・第45回四国文学研究集会等

第68回松山地域例会
●9月29日(日)午後1時30分 
●松山市民会館二階洋室1
●会誌第30号の合評・第45回四国文学研究集会等

第81回全県記念例会案内

●8月24日(土)午後1時~
〇会誌第30号合評会  〇懇親会・宿泊

●8月25日(日)
〇午前中・道後地区散策(子規記念館・入浴)

●友輪荘(道後)
●会費1万円
※全県記念例会を10回毎(2年に1回)に県下各地で楽しく行っています。今夏で7回目の開催となります。参加希望者は事務局、鴨川まで申し込みをお願いします。

第80回全県例会報告と7月地域例会案内

6月30日に第80回全県例会を行いました。参加者は11名(大澤、岡田、垣内、岳、鴨川、小林、土居、水野、矢田、山本翠、吉見)でした。
最初に鴨川事務局長から前回4月の全県例会以降の報告がありました。
〇会誌第30号の普及状況について
〇憲法集会等を通じて貴重な2名の加入(文学会準会員と民主文学誌定期読者含む)の報告がありました。今後各方面での会員拡大に力を入れることを確認しました。
当面の取り組みについてはその他以下の点などを確認しました。
●第81回を記念全県例会として8月24(土)・25(日)に1泊2日で道後の友輪荘で行う。(会誌第30号の合評、道後散策等)
●第45回四国文学研究集会 10月26(土)・27(日) 愛媛文教会館(松山市道後)を成功させる(えひめの会担当)
速報 講師に注目作「遠き旅路」の作者・能島龍三文学会副会長

会誌第30号の合評会は小林信次「また会えるそんな気がする」 水野喜代志「福祉との出会いとそれからの歩み―私の履歴書―」の二作を行いました。
小林作品では「分かりやすい文章」「シナリオか戯曲か」「シナリオにさらに挑戦してほしい」。水野作品では「福祉に切りこんでいる。次は創作に挑戦を」「自分を見つめなおし、他者へ広がりを作っている」等々活発な意見がそれぞれ出されました。

■例会後に運営委員会を行い、諸経費の相次ぐ値上げと今後の会誌発行の対応への報告と検討を行い、当面は現状での対応を確認しました。

地域例会案内 
(第70回今治地域例会)
〇7月24日(水) 午後1時30分 山本五郎氏宅
〇会誌第30号の作品合評等
  
(第67回松山地域例会)
〇7月27日(土) 午後1時30分 松山市民会館洋室1
〇会誌第30号の作品合評等(合評作品-岳・岡田・山本翠)

第66回松山地域例会報告と6月全県例会案内

第66回松山地域例会報告
 
5月29日に第66回松山地域例会を行いました。参加者は8名(岡田、垣内、岳、鴨川、小林、高橋、土居、吉見)でした。
 最初に鴨川事務局長から前回3月の松山地域例会以降の報告が行なわれ、会員の加入依頼に力を入れることの提起が行われました。憲法集会等を通じて貴重な2名の加入(文学会準会員と民主文学誌定期読者含む)の報告がありました。今後各方面での会員拡大に力を入れること、6月20日頃配付予定の会誌第30号の普及に力を入れることも確認しました。

当面の取り組みについてはその他以下の点などを確認しました。

1.第81回を記念全県例会として8月24(土)・25(日)に1泊2日で道後の友輪荘で行う。(会誌第30号の合評、道後散策等)
2.第45回四国文学研究集会 10月26(土)・27(日) 愛媛文教会館(松山市道後)を成功させる(えひめの会担当)

【速報】講師に注目作「遠き旅路」の作者・能島龍三文学会副会長
 合評会は大浦ふみ子「こん畜生」(民主文学誌4月号)を行いました。
 「困難な大企業な中での闘いを書いたもの。普遍性のある力作」「現在と過去が混在して分かりにくい」等々活発な意見が出されました。

第80回全県例会案内

□6月30日(日)午後1時30分
□松山市民会館2階洋室1
□会誌第30号の普及と第81回全県記念例会の取り組み等
※例会後に運営委員会を行います

 | ホーム |  次のページへ

過去の記事

最近の記事

コメント