民主文学えひめの会

日本民主主義文学会愛媛支部のサイトです

第61回松山地域例会報告

5月30日に第61回松山地域例会を行い、出席は8名(大澤、岡田、岳、垣内、鴨川、小林、高橋、吉見)でした。最初に鴨川事務局長から前回3月の松山地域例会以降の報告が行なわれ次の課題で議論をしました。

1)会誌第28号は6月中旬に配付、発送予定。普及に努める。

2)全県的な取り組みで民主文学えひめの会の50名への会員拡大に当面力をいれる。そのためには各地域、分野別の取り組みを強める。併せて日本民主主義文学会の準会員と「民主文学」誌の購読呼びかけを行う。独自チラシを作成する。

3)第9回定期総会を11月11日(日)午後1時より松山市で行う。

4)第44回四国文学研究集会が10月14日(日)~15日(月)徳島市で開催。

5)愛媛革新懇定期総会が7月29日(日)新居浜市で行われる。講演の講師は田島一文学会会長、「文学と憲法」(仮題)で講演。えひめの会としても折角の機会であるので積極的に参加する。

6)田島来県とあわせて第76回全県例会を充実したものと実施する
●2018年7月28日(土) 午後1時~5時
●松山市民会館3階第5会議室
●内容
□会誌第28号の2作品の合評 13:00~15:00 
□田島会長の講演「創作について」(仮題) 15:00~16:00
□田島会長との意見交換 16:00~17:00
※終了後懇親会

7)合評会は岩崎明日香さんの「れんげ畑と時計台」(民主文学誌4月号)を行いました。「若い書き手としていい作品である」「長編でかけば人物像がさらに浮き彫りになる」などその他多くの意見が出されました。

(第75回全県例会)
〇6月30日(土) 午後1時30分 松山市民会館洋室3、会誌第28号の合評等

第65回今治地域例会の報告

5月23日に、第65回今治地域例会を開催し、6名(稲垣、大澤、田宮、山本、横田、渡辺)が出席しました。

最初に大澤会長からの報告(①第28号の編集を終え22日に印刷所へ入稿した。納品は6月20日過ぎの予定。②今年は定期総会開催年なので今その日程調整(秋)を行っている。③本年の四国文学研究集会は、徳島市で10月14(日)15(月)両日に開催、積極的な参加を等々)

つぎに次回(第66回例会)の開催日について協議し、7月11日(水)13時30分から、山本五郎会員宅にての開催を確認しました。第28号の作品合評を中心に行います。

作品合評に移り、あまり深い検討はできませんでしたが、次の作品が取り上げられました。澄田恭一「リンカーンの『1セント銅貨』」、尾上正一「反省室」、岡田慎一郎「ギリシャ古典を読む」、藤原壽「俳句 島の家」

また、発行されて間もない 『歌集(3)共に行く』のプレゼントが、著者から参加者になされました。

第60回松山地域例会報告

3月31日に第60回松山地域例会を行いました。出席は7名(岡田、岳、垣内、鴨川、小林、高橋、吉見)でした。
最初に鴨川事務局長から前回2月の松山地域例会以降の報告が行なわれました。次の課題で議論しました。

1)全県的な取り組みで民主文学えひめの会の50名への会員拡大に当面力をいれる。そして具体的に加入を依頼する。併せて日本民主主義文学会の準会員と「民主文学」誌の購読呼びかけを行う
2)第25回全国研究集会が5月26日~27日に愛知県豊橋市で開催される。参加を要請する。
3)5・3憲法集会に参加し、会誌等の販売とえひめの会の宣伝を行う

その後の会誌第27号の以下の作品で合評を行いました。又下記の日程で次回の地域例会を確認しました。
〇尾上正一「反省室」
〇山本翠「初秋のサハリン紀行」
〇渡部研二「私の戦争体験-高松空襲」
〇高橋宣一「退職公務員奮闘記」

意見・感想
「3作品があの戦争を多角的に書いている。民主文学ならでは」「高橋作品は作者自身の愚直なこれまでの活動が今日の東大の非常勤職員の雇用改善を作り出している」等の意見、感想が寄せられました。  

(第61回松山地域例会)
〇5月30日(水) 午後1時30分 松山市民会館洋室1
〇岩崎明日香「れんげ畑と時計台」民主文学誌4月号の合評

第64回今治地域例会の報告

3月27日に第64回今治地域例会を開催しました。出席は、6名(稲垣、大澤、田宮、山本、横田、渡辺)でした。
冒頭に次回例会を5月にするか7月にするかの議論を行いました。第27号の作品合評は今日で今治の会員作品は終える予定ですが、今治以外の会員作品も取り上げるべきだと思うので5月例会でやろうということになりました。そして7月例会は第28号が出来上がっているのでその合評会を行うこととしました。その他の報告事項では、北九州市民主文学会から連絡があり、「時代小説を民主文学にも」とのご意見でした。我々の会誌には大洲藩(澄田さん)や西條藩(一色さん)の作品も掲載されていると話し合った(大澤報告)

会誌第27号の合評に入り、まず渡辺潔「確執は本厄の後で(3)」を取り上げ議論しました。サラリーマン小説のようだが企業間の競争や、企業内での部門・人事をめぐる動き、特に営業職の緊迫した活躍など主人公を通して分かりよくテンポよく書かれている。街の通りの自然の移り変わりの描写や妻とのやり取りなどもうまく書かれているとの意見あり。つづいて上村清司「赤縄十文字の骨箱」を取り上げ意見を出し合いました。引用文が長いがその内容で多喜二に関わる多くのことを紹介していて貴重だ。今日的情勢との関わりで的を得た内容であると思う。等々発言が相次ぎました。

なお次回・第65回今治地域例会日程は、5月23日(水)13時30分から山本五郎会員宅にての開催を確認しました。また、大澤会長から自らの『歌集(3)共に行く』の発行が5月連休前後なので、5月例会時に皆さんに贈呈したいとの話がありました。会誌第28号の原稿締め切りは4月末。いい作品を書く努力をし合おうとの呼びかけがなされ、同時に読者や友人知人に入会の働き掛けも積極的に行おうと申し合わせました。

第74回全県例会報告

2月25日に第74回全県例会を行いました。出席は8名(岡田、岳、垣内、鴨川、小林、土居、田宮、吉見)でした。
最初に鴨川事務局長から前回の全県例会以降の報告が行なわれました。次の課題で議論しました。
会誌第27号の普及は会員の積極的な取り組みで順調であり、引き続き黒字を確保した。
全県的な取り組みで民主文学えひめの会の50名への会員拡大に当面力をいれる。そして具体的に加入を依頼する。併せて日本民主主義文学会の準会員と「民主文学」誌の購読呼びかけを行う
第25回全国研究集会が5月26日~27日に愛知県豊橋市で開催される。積極的に参加の方向で対応する。
5・3憲法集会に参加し、会誌等の販売とえひめの会の宣伝を行う
その後の会誌第27号の合評では岳重太さんの「チラシの裏ノート11『再びの大江健三郎』、田宮恵さんの「たまり場」、鴨川耕作さんの「創作理論」の3作について行いました。岡田慎一郎さんと小林信次さんから読者メモが出され、多くの意見のでる合評が行われました。

例会関係    
(第64回今治地域例会)
〇3月27日(火) 午後1時30分 山本五郎氏宅
〇会誌第27号の作品合評等

(第60回松山地域例会)
〇3月31日(土) 午後1時30分 松山市民会館洋室3
〇会誌第27号の作品合評等

 | ホーム |  次のページへ

過去の記事

最近の記事

コメント