FC2ブログ

民主文学えひめの会

日本民主主義文学会愛媛支部のサイトです

四国文学研究集会、楽しく内容豊かに成功!

11月19・20日に開催された第37回四国文学研究集会は、31名(内、講演会のみ参加6名)の参加で楽しく内容豊かに両日の日程を過ごすことができました。

初日は大雨の中、JRの一部運転見合わせ等が発生し、高知の皆さんにはご苦労をおかけしましたが、2日目はバッチリ快晴に! 来島海峡など美しい瀬戸内の海と空、島々にホット一息つきました。また美味しい魚料理も好評でした。

合評会は初日に愛媛の3作品、2日目に香川、高知の各3作品を取り上げ、熱心に合評をし合いました。すべての作品に講師の能島事務局長からのご意見もいただき、充実した会となりました。

記念講演は初日の午後4時15分から、「昭和の戦争と現代・・・創作の原点として」と題し能島龍三文学会事務局長がおこない、会員外からの参加もあって大変有意義な会となりました。

また、文学会からの「組織強化ー特に民主文学誌読者の拡大」についての訴えを受け、各県からの状況報告も出し合いました。

詳しい内容は後日会員の皆さんからの投稿でご紹介したいと思います。来年は同時期に香川県での開催となります。

 | ホーム | 

過去の記事

最近の記事

コメント