FC2ブログ

民主文学えひめの会

日本民主主義文学会愛媛支部のサイトです

第35回今治地域例会で作品合評

2月14日、第35回今治地域例会が開かれました。冒頭、運営委員会からの報告があり、3月20日の全県例会は日本民主主義文学会との連絡懇談会とセットでの開催となること、文学会からは能島事務局長が来られるので積極的な参加をとよびかけられました。

合評会は、前回の今治在住作者の作品につづき、今治以外の作者の作品を取り上げました。澄田恭一「いろは丸異聞」、恋之木敦「霧の誘い」、桂幸造「分限免職」、成田富月「路上のはしご」、渡部玲子「月に兎図鐔」、荒木俊介「左足顛末記」、藤原壽「脱原発」について、順次意見が出されました。時代物から現在進行中の社会問題、さらには肉親や自身の健康と命の問題等々、テーマや作風も多彩であることが指摘され、時間を忘れての議論になりました。

参加者は5名(稲垣、大澤、田宮、横田、渡辺)、次回は4月17日(火)午後1時30分から、山本五郎会員宅にて開催を確認しました。

 | ホーム | 

過去の記事

最近の記事

コメント