FC2ブログ

民主文学えひめの会

日本民主主義文学会愛媛支部のサイトです

今治地域例会を開催、第17号2回目の合評会

3月5日に第41回今治地域例会を開催しました。5名(稲垣、大澤、田宮、山本、渡辺)の出席で、冒頭に故木山隆行さんを偲んで話し合いました。

会誌第17号での2回目の合評会は、岳重太「猪伏の森にて」、成田富月「鳥籠妻」、藤原壽「花野」を中心に議論がなされました。また、鴨川耕作「遺影」、荒木俊介「つれづれなるままに(3)」稲垣誠夫「修羅(2)」などにもふれての文学談議となりました。

それぞれの作品について作者の意欲は十分に伝わるが、全体として何を書くのか、何が一番訴えたいのか、テーマを明確にすることがまだまだ不十分ではないのか、もっと推敲を深め贅肉を削ぐ作業が重要ではないか、などの意見が出されました。それぞれの立ち位置から多彩な作品が創作されるように、4月締切に向け大いに努力をしようと話し合われました。

次回例会は、第18号発行直後の6月18日(火)午後1時30分から山本会員宅にて開催します。なお、6月29・30日の第50回記念全県例会への出席確保、日程調整を努力し合おうと確認しました。

前のページへ  | ホーム | 

過去の記事

最近の記事

コメント