FC2ブログ

民主文学えひめの会

日本民主主義文学会愛媛支部のサイトです

第59回全県例会・運営委員会の報告

4月24日に第59回全県例会と運営委員会を開催しました。出席は6名(大澤、垣内、鴨川、岳、田宮、矢田)でした。

大澤会長の挨拶(新人賞応募の成田富月作品のこと等)、経過報告(会員・読者の拡大到達点等)と会誌第22号の原稿(7名から寄せられている)の現状が報告されました。

当面の方針・計画について、次の点が確認されました。

1、第60回記念全県例会の具体化
  ・6月27日(土)13:15~『民主文学えひめ』第22号の作品合評会
           17:30~夕食交流会
     28日(日)9:00~面河渓谷、久万美術館等〈天候の具合も考慮して臨機応変に)
  ・参加費: 12,000円(1泊2食・交通費等)

2、日本民主主義文学会第26回大会
  ・鴨川事務局長が参加
  ・文学会準会員・『民主文学』誌読者の拡大、同えひめの会会員の拡大(現在47名を大会までに50名に)

3、5・3愛媛憲法集会(記念講演・浜矩子同志社大学大学院教授〉の成功へ――出店し、会誌等の普及を

4、地域例会日程確認――第46回松山:5月29日(金)18・00~、市民会館洋室1会議室、第54回今治:6月中旬予定、山本会員宅

引き続き作品合評会を行いました。『民主文学』誌5月号の竹之内宏悠「柵」、浜比寸志「罐を焚く」を取り上げ活発な意見交換がなされました。

 | ホーム |  次のページへ

過去の記事

最近の記事

コメント