FC2ブログ

民主文学えひめの会

日本民主主義文学会愛媛支部のサイトです

第68回全県例会報告

2月24日に第68回全県例会を行いました。出席は8名(岡田、岳、垣内、鴨川、高橋、田宮、矢田、吉見)でした。例会では前回の全県例会以降の活動の報告、又会誌第25号が会員のみなさんの協力により黒字になったことが報告されました。
会員拡大について今年に入り松山地域で3名の入会者が報告されました。なお今治地域、大洲・八幡浜地域はもちろん全県的に文学に関心のある人に意識的に入会を勧めることを確認しました。
引き続いて会誌第25号の作品の第2回目の合評会を行いました。岳重太「表現する年金生活者から」を最初に行いました。なお参加者の作品優先から予定を変更して高橋宣一「方向音痴、白内障とやさしい姪」、田宮恵「うたごえ」について行いました。最後に吉田泰臣「社保庁闘争の『人間ドラマ』鴨川耕作『不当判定』を読んで」の4作品の合評を行いました。いずれも社会に対して様々な角度から語りかける作品で活発な意見が出されました。
次回の松山地域例会は3月30日(木)午後1時30分より松山市民会館二階洋室1において会誌第25号の第3回合評会等を引き続いて行います。その後、会誌第26号発行のための編集委員会も行います。
なお今治地域例会も会誌第25号の合評を中心に3月に行う予定です。

 | ホーム |  次のページへ

過去の記事

最近の記事

コメント