FC2ブログ

民主文学えひめの会

日本民主主義文学会愛媛支部のサイトです

四国文学研究集会を開催

第四十五回四国文学研究集会は、十月二十六日、二十七日の二日間、講師に能島龍三文学会副会長を迎え、愛媛県松山市道後、「愛媛文教会館」において開催されました。研究集会には四国四支部から総勢十九名の文学仲間が参加しました。

研究集会はえひめの会三作品、高知支部一作品の四作品について行いました。合評会の司会はえひめの会の岳重太さんでした。どの作品もいろいろな角度から出された意見等から参加者は今後の創作の上において大いに参考になったと思います。能島さんからは各県の例会において民主文学誌による合評会の重要性が特に強調されました。

夕刻からは能島さんによる「『遠き旅路』をなぜ書いたか、どう書いたか」と題しての講演がありました。講演会はオープン参加で研究集会の参加者と合わせて四十三名の出席となりました。

『遠き旅路』は2018年1月から8月「しんぶん赤旗」に連載され、最近単行本化(新日本出版社)されました。

能島さんは講演で「情勢は厳しいが戦前との決定的な違いは、民主主義と平和を求める市民と野党の勢力が小さくない力をもっていて、運動を推し進めている。ここにこそ確信をもとう」と話されました。講演後に数人から質問等が出され、参加者の関心の高さを示しました。

講演の前後に『遠き旅路』の能島さんのサインセールも行われ、二十八部もが購読され講演会も成功裏に終わりました。その後、懇親会を楽しく行いました。

二日目は合評会の後、組織問題について各県の現状と悩みなどが率直に出されました。合評会、講演会、懇親会、組織問題の議論と充実した文学の二日間でした。 

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://minbunehime.blog.fc2.com/tb.php/324-aece3eef

 | ホーム | 

過去の記事

最近の記事

コメント